鎧コルセットマン!のブログ

令和元年、5月に41歳で腰椎固定手術をし、鎧コルセットマンになった男の日記である。

「たけしの家庭の医学」でも紹介された『森のバター』アボガドの底力!腰痛クッキング♬

はい、皆さんこんにちは。

 

「アボカドを最近まで『アボガド」だと思っていた。」

鎧コルセットマンです。

 

 

 

クッキングの前に一つだけ紹介させていただきたいアイテムがあります。

 

 

皆さん、洗い物してますか?

 

腰が痛かったり、ヘルニア持ちだったらキツイですよね・・・

 

座ってやっても大変・・・

 

僕もシンクが低いのでシンク内をかさ上げして洗い物をしているのですが良いモノを見つけました。

 

 

 もたれて洗い物ができるその名も『もたれて腰楽』。

 

これ絶対楽だと思いません?

 

ずっと金属のシンクにもたれて痛かったり服が濡れてしまった僕からしたら目から鱗でした!

 

是非皆さんも楽出来るところは楽して下さいね。

 

https://image.rakuten.co.jp/parusu/cabinet/ima/img62106445.jpg

引用:楽天市場

 

 

はい、それではここからは皆さんお待ちかね?

 

『ヨロコル腰痛クッキング』 

 

 

 過去の腰痛クッキングはコチラ⇩

www.yorocor.com

 

 

 

 

 

 

今回の腰痛クッキングの主役はずばり!

 このコ。

 

 

f:id:shigechikun:20190711111750j:image

アボカドです。

 

慢性腰痛の患者さんのお話を聞いていると結局、

 

おしり周辺の筋肉、特に『大殿筋』、『梨状筋』、『腸腰筋』などが「炎症」を起こしていてそれが足や腰の痛みに繋がっている方がほとんどだと思います。

 

炎症を抑えるには薬飲んだり、湿布貼ったりも大事だと思いますが食べ物で炎症を抑えるには・・

 

炎症を促すモノを減らす

 

炎症を抑えるモノを増やす

 

この2点しかないですよね。

 

いたってシンプルなことです。

 

炎症を促していまう食べ物といえば質の悪い油やマーガリン、ショートニングなど

 

神経細胞に害を及ぼす

「トラン脂肪酸」と呼ばれるモノ。

 

炎症を抑える食べ物といえばアボカドやクルミなどの種子類で

 

「オメガ6脂肪酸」と呼ばれるモノでこちらは

強力な抗炎症作用があります。

 

 

 

という事で今回はアボカドを使ったパスタを作ってみました♬

 

 

『アボカドとたらこの和風チーズパスタ』

 

 

 

f:id:shigechikun:20190711081009j:image

 

 

 

それでは材料を見ていきましょう。

 

「森のバター」、「栄養の優等生」と呼ばれるアボカド

 

悪玉コレストロールをやっつけ、血液をサラサラにする負飽和脂肪酸がたっぷり。
 
  酸化を防いでくれるビタミンEも多く含まれ、炎症を抑える効果もあり、腰痛にも効果的。  
 
さらにビタミンB1、B2も含まれ血流の促進も見込める。

 

まさに栄養の優等生というのにぴったりですね。

 

 

「ミネラルの宝庫」たらこ

 

DHA・EPAが豊富で抗炎症作用・精神安定作用などの効果がある。
 
タウリンなど上質なたんぱく質たっぷりで肉体疲労回復に効果的。
 
ビタミンB1、B2で血流の促進も見込める

 

 コレストロール値が高いとされているたらこですがDHA・EPAの働きにより抑える事が出来ます。

 

塩分も気になる所ですが今回のパスタにも入れていますが

カイワレなどカリウムが豊富な食材と合わせる事で血圧の上昇なども抑える事ができるので安心してお召し上がりいただけます。

 

ワンポイントメモ

カルシウムを補うために今回もソース、仕上げ共ににパルメジャーノを使用しています。 

 

ソースはパルメジャーノチーズに生クリーム(少量)を加えて仕上げに生卵を加えています。

 

まとめ 

 

今回は「抗炎症作用」をテーマにアボガドを使ったパスタを作ってみました。

 

 

アボガドは最近はスーパーなどで200円弱ほどで買えますし、

 

マグロの刺身と合わせてタルタルしてバケッドに乗せるなどお洒落な料理にしても美味しいたくさんの料理法がある食材です。

 

是非皆さんもアボカドを食べて炎症を抑えて腰痛を吹き飛ばしましょう。

 

読者登録お願いします。

ブログランキング参加中⇩

にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ
にほんブログ村