鎧コルセットマン!のブログ

令和元年、5月に41歳で腰椎固定手術をし、鎧コルセットマンになった男の日記である。

腰痛や脊椎の手術後に本当に使える良いマットレスとは?

はい、皆さんこんにちわ。

 

「カフェインもカロリーもゼロのコーラってそもそもコーラなん?」

f:id:shigechikun:20190701071332j:image

鎧コルセットマンですww

 

 

 

今回のテーマは

 

『マットレス』です。

f:id:shigechikun:20190701074308j:image

腰痛になったり腰椎の手術をされた皆さんが一番大事にされるのが『睡眠』

 

起きている時は痛みがあったりして大変ですからせめて寝ている時くらいゆっくりしたいですよね。

 

僕も手術後、完全に『マットレス難民』となってしまっています。

 

しかし、『寝心地』だけで選んで大丈夫ですか?

マットレスの記事はたくさんの方々がすでに書いておられます。

 

なので僕は人とは違った

 

腰痛、術後の鎧コルセットマン的視点でマットレスを紹介します。

 

先日大阪市内の某百貨店さんへお邪魔させていただきリサーチ&寝心地、寝返り体験してきました。

f:id:shigechikun:20190701074302j:image

選んだメーカーさんは有名どころ3つですが

モデルが少しマニアックかもしれませんが色々手術後や腰痛もちという観点から選んでいます。

 

 

まず低反発マットレスはダメでした

 

それもそのはず僕が手術前まで愛用していたのは某メーカーのいわいる

 

『低反発マットレス』でした。

 

これは鎧コルセット(硬性コルセット)をしている僕には絶対無理でした・・・

 

寝転んだ瞬間はコルセットの金属部分が上手く沈んでくれて「痛み」がなくうつ伏せでも気持ち良いのですが

 

肝心な

 

「寝返り」が出来ない・・・

 

朝まで同じ体勢で起きた時に背中の傷痕付近が痛く、起き上がれません・・・

これは致命傷で退院後、「床ずれ」ができるかと思うくらいでした。

f:id:shigechikun:20190701074322p:image

 

そこでその低反発マットレスを取り除き、ベッドマットレスの上に直接こういう『冷感敷パッド』を敷いて寝ていました。

クリックでamazonへ

でもやっぱりいくら『フランスベッド』とはいえスプリングが痛いんですよ・・・(お爺ちゃんの形見の自分では絶対買えない高級モデルww)

 

腰痛持ちのマットレスの絶対条件である

 

「寝返り」

 

はしやすいのですが。

 

という事で「低反発」と「マットレス+直接敷パッド」は除外します。

 

という事で今回のリサーチ&体験は高反発一択!

 

 

 

高反発マットレス有名どころ3社体験 

 

 

 

 

まずは僕がK病院で入院中お世話になっていた

西川『airシリーズ』

なんで入院中お世話になったか分かってるかというと気になってこっそりシーツをめくり確認したからですww

 

ずっとお世話になっていたのでさすがに一番最初に目に止まり、寝転んでみました。

 

店員さんは僕が仰向けにほぼならずずっとゴロンゴロンと寝返りをうっていたので不思議そうな顔をしていましたww

 

さすがに2週間寝ていたのと同じだけあって安定の寝心地、そして安定の「寝返り感」でした。

 

「Air」は3種類のウレタンを凸凹形状に加工してあり、体重が分散して、「点」で支えられている感覚 が特徴です。

硬さが「ベーシック」と「ハード」の2種類から選ぶことが出来ます。

 

今なら「10周年記念パッケージ」で枕も付いてくるようです。

買うなら今ですね♬

 

次に

 

 

『エアウィーヴ』シリーズ

あえて

 

「三つ折りのエアウィーヴ」

を選んでみました。

 

このエアウィーヴは6.5cmのポリエステルクッションと上に2.5cmの「エアファイバー」を組み合わせた合計9cmのマットレスです。

 

通常のエアウィーヴだとベッドありきですがこのエアウィーヴならベッドがなくても大丈夫な感じの寝心地でした。

 

腰痛持ちの方にはベッドをオススメしますけどね。

 

寝心地以外にもこのマットレスは折りたためるので立てかける事ができるので、

 

これからの梅雨時期や夏場の就寝中汗をかいた時でも簡単に干す事ができます。

 

僕の印象といては「ちょっと硬すぎるかな・・」って感じでした。

 

 

 

 

最後に

『マニフレックス』シリーズ

これまた

「三つ折りのマニフレックス」

を選択しました。

 

マニフレックスといえば「エリオセル」という独自の高反発フォームを使っているのが特徴ですね。

 

暑さ11cmあり、今回試した中では一番分厚いマットレスになります。

 

その恩恵を受けて、畳の上やフローニングの上に敷いて寝ても充分な寝心地を体感できると思います。

 

側生地も通気性の良いメッシュ生地になっていますので夏場も気持ちよく寝ていただけると思います。

 

もちろん3つ折りですので立てかけて干す事も可能です。

 

僕的には一番

 

しっくりきた

 

マットレスでした。

 

f:id:shigechikun:20190701074337j:image

 

という事でいががでしたか?

今回はメジャーな高反発マットレス3点を僕が体感してきた感想を綴らせていただきました。

 

僕の知人へのリサーチなどによると通常2階に寝室をおいている方が多く、

 

「術後しばらくは1階で」

 

と思われる方もおられると思いますので、

 

折りたたみベッドと同じく

 

『使用時以外はたたんでおけるモデル』

 

を2商品選ばせて頂きました。

 

 

寝心地に少しっばらつきはあるものの今回紹介させていただいた3商品は全て

腰痛には大事な「寝返り」という大事なキーワードでは高レベルだったのでどれをとっても満足していただけると思います。

 

気になる価格ですが・・・

今回は全て2019年6月30日現在3~4万円前後で購入できるもので揃えさせていただきました。

 

「寝返り」というキーワードを外せばもっと「気持ちいい♬」と思うマットレスもたくさんあったのですが腰痛ブログという事で除外させていただいています。

 

迷える皆さんも一度、僕がオススメする3商品を百貨店やモデルルームなどでお試しになって是非ご購入ください。

 

皆さんの1日1クリックでリサーチにも出かけますww

ブログランキングに参加しています↓応援おねがいします。

にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ
にほんブログ村