鎧コルセットマン!のブログ

令和元年、5月に41歳で腰椎固定手術をし、鎧コルセットマンになった男の日記である。

「退院前夜から会計編まで」『高額医療費限度額証明証』は入院前に!~入院生活 final~

はい、皆さんおはようございます。

 

「退院前、とりあえず『退院してまず何食べたい?』ってググってみた。」

鎧コルセットマンです。

 

 

退院前日、どS超絶可愛い看護師さんとの退院前検査デート♡

も終えてとうとう病院最期の夜、、、

退院準備開始!

そう待ってました、荷物をパッキングする作業♬

実は僕、パッキング大好きなんです!

だってパッキングする時ってその後に楽しい事が待ってますからね~

 

僕の場合、パッキングするのは・・・

 

国内旅行(年2回)

海外旅行(数年に一度)

出張(年1回ww)

県外の寮に住む娘に会いに(年に5〜10回ほど)

 

楽しい時だけなんですよね〜 

出張もほぼ接待受けるだけですし。

朝までですけど、、、

 

そんなウキウキした気分でパッキングしてて気付いた事・・・

 

『これ使わんかったな・・・』グッズ。

 

1.ヘッドホン(有線)

とにかく線が邪魔。

寝転んで聞くのにヘッドホンはあかん・・・

ゲーミングヘッドホンだったので恥ずかしい・・・

そもそもテレビなんてほとんど見ていない・・・(動画はamazonprimeで充分)

 

2.香水

いや、いつ付けるねん・・・

入院して裸見られて座薬まで入れられると色気なんて無くなりますww

 

3.任天堂3DS

いつもはPS4ですが、きっと病室ならやると思って持って行ったのですがグラフィックが荒すぎて疲れて5分でリタイア・・・

まぁそもそも3DSにグラフィックを求めるのがあかんです・・はい。

ちなみにゲームはしたくなったのでyoutubeで今やってるゲーム(DAYS GONE)の実況動画を見てましたww

 

4.シーブリーズ

そもそも汗かかへん・・・

 

5.抱き枕

これは「かさばるけど絶対必要や!!」とごり押しで持って行ったアイテムでした。

(手術前は痛みがあっても横になって抱き枕に抱き着いて寝ると寝れたので・・)

しかし病院のベッドはシングル・・・・狭い・・・邪魔。

 

う~ん・・使わんかったもんだけでバッグ1個分。

後はスーツケースに入りました。

 

パッキングも終わったのでいよいよ最後の就寝・・・

のはずが・・・

嬉しくて?寝れないww

 

俺は遠足前の幼稚園児か!!!

 

思わずナースコール♬して「眠剤」もらいましたww

 

看護師さんからも・・・

「よっぽど嬉しいんですねww飲んでよく眠ってください。」

と言われてしまいましたww

 

飲んだらすぐに効くもので麻酔のように朝までぐっすり。

手術後の夜の長さがなんだったんだろうと思うくらいぐっすり眠れました♬

本当にあの夜は一生朝が来ないんではないかってくらい長かったですから・・・

たぶん一生忘れないでしょうね。

 

退院の朝はけっこうあっさりしたモノで・・・

イベントといえば、入院の時に左手につけられたネームタグのカットの儀式。

以前の遊園地でもありましたよね、フリーパスのタグ。

あれを外す時の寂しさとは全く正反対のお祝いモードのネームタグのカットでした。

 

看護師さんみんなに見送られる事も無く・・・『ドクターX』見すぎたかww

(ついでに過去記事貼っておきます。)

見送りもなかったので『お礼』を渡すタイミングも逃してしまいましたww

たぶん受け取ってもらえない感じでしたが・・・

自宅で美味しくいただきましたww

 

そして会計の時間!!!!

 

昔なら何十万の現金が必要だったんでしょう。

巷の噂では固定術の相場3割負担でも手術費・入院費で60~70万円だといわれています。

 

今は事前に高額医療費限度額認定証を発行していたおかげで僕の場合10万円もかかりませんでしたvv

ここでもわが社の節税対策が実りましたww

ちなみに僕は月半ばに入院し月末31日に退院したので1ヵ月の限度額で済みましたが退院が月初めになると 数日でまたまた限度額近くまで達してしまうので倍近い入院実費負担になってしまします。
なので2週間程度の入院なら月半ばでも大丈夫ですがもし長引く可能性がありそうなら出来る限り月初めの入院がオススメです!

毎月高い健康保険料を払っているのですから当然と言われれば当然かもしれませんが日本という国の医療保険制度は海外に比べれば素晴らしいものですね。

 

僕は幸い医療保険にもいくつか加入しているのでその手術一時金や入院特約などで他の通院費用なども賄えるのですが、ここで一つ心配ごとが生まれてしまいました。

 

数か月後、腰に入ったボルトや金具を外す

『くぎ抜き手術の手術代は医療保険対応なのか?』です。

 

まぁ考えても仕方ないですねww

出なくてもくぎ抜きはやるつもりですし。

 

無事会計も終わり、ドアを出たら・・・・

 

やっぱ灼熱でした~~~

 

ずっと病室のエアコンが効いた部屋で過ごしてましたからね。

 

ドS看護師のいう通りでしたww

 

遂に病院を出ました!! 

f:id:shigechikun:20190626135222p:image

16日間の比較的短い入院でしたが色々考える時間を与えてくれた16日間でした。

ここで一旦

『脊柱管狭窄症腰椎固定術』の入院生活の記事は最後になります。

 

次の入院生活は「くぎ抜き編」ですww

たぶん半年後くらいかな。

いや仕事の都合もあるので1年後くらいかも・・・

 

その時は病院にPC持ち込みでデイルームでブログ書きますww

 

その時までは今リアルタイムで進行中のリハビリの事、グッズ、そしてTwitterのフォロワーさんはご存知ですが、

僕の経験と資格を活かした新カテゴリー来月あたまくらいにopen予定です。

 

 

 

これからもそしてこれからも、過去記事、新記事ともどもご愛読お願いします!

 

皆さんの1日1クリックで20日間ブログ続ける事が出来ました!

ブログランキング参加しています

にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ
にほんブログ村