鎧コルセットマン!のブログ

令和元年、5月に41歳で腰椎固定手術をし、鎧コルセットマンになった男の日記である。

院長回診~PT怒られる~手術痕公開~

 はい、皆さんこんにちわ。

「院長回診の朝の看護師さんだいたいテンパってる。」

鎧コルセットマンです。

f:id:shigechikun:20190616094059p:image

はい、今回はみんな大好き??

院長回診の日のお話です。

 僕が入院している間に2度ほどあったのですがその度に看護師さんに

 ↓「コレ隠してね。」と言われました

f:id:shigechikun:20190616093626j:image

そうK病院は『一応』 飲食物の持ち込み飲食禁止なんです。

 

僕はこの机の上のコカ・コーラゼロ、LOOKフロマージュ、ふりかけは定番の常備薬wwみたいなものだったのでみんな分かってて注意しに来られていましたww

 

院長回診が始まると・・・

まずエレベーターホールに

整形外科の先生全員、PTさん全員でガヤガヤし始め、まずそのガヤガヤが足跡と共にだんだんmy病室へ近づいてくるんです。

 

ここでなぜか僕は変なことを考えてしまいました。

 

「死刑囚はきっとこんな気持ちでまっているんだろう・・」

と。

そしてこの院長回診、実は僕にとっては主治医回診でもあるんです。

本当の主治医はU先生なんですがU先生は外部の先生なので主治医は院長先生になってしました。

 

そして・・・遂に・・・僕の部屋の前で立ち止まり・・・

 

院長先生が担当PTのTさんとなにやら長い時間話しています・・・

Tさんについてはコチラの記事辺りから登場しますww

www.yorocor.com

聞き耳を立てているとPTのTさんが書いていた『評価書類』が適当すぎて怒られてる様子・・・

 

ちなみに『評価書類』とはその時々の筋力、可動域なんかを記録して後々比較する為の書類です。

 

鎧コル心の声)だろうね・・・毎回毎回・・リハビリルームのベッドの上でストレッチを10分弱やってるだけやもん・・・・ざまぁだわww

 

で、そのPTと院長がipad片手に入ってきたんですが・・・

 

院長先生が傷をチェックして・・・

足首を上げたり下げたりして筋力の回復具合をチェック、足の可動域もチェック。

もちろん順調だったので・・・

 

「順調すぎるくらい順調やね、ここまで改善するの珍しいよ。自分でもいろいろ頑張ってるんやね。」

 

シックスパッドやゴムチューブ見てTさんへの嫌味を言いながら去っていかれましたww

 

時間にすればたった5分もないほどの時間。

 

院長先生に怒られたPTのTさんはこれで変わるかなぁ、と期待しましたが退院するまで全然厚生しませんでしたww

まぁ、根っからダメな人間は誰に何を言われてもダメですね・・・

 

そいえば僕の傷痕アップしてませんでしたね。

 

もしかしたら

 

「どんな傷残っちゃうんだろう?」

と気になってこのブログを読んでくださっている方もいるかもしれませんので、きれいなモノではありませんがそこまでグロくもないのでアップしますね。

↓コレ現在(術後約1か月

f:id:shigechikun:20190616093639j:image

 アップで・・・

f:id:shigechikun:20190616093706j:image

 

傷痕はだいたい15cmくらいです。

背骨の4~5、3~4の二カ所工事をしているので結構長い傷です。

それなりに痕は残りそうですね・・・

僕の場合1本傷で背中の

ラインに沿っているので目立たなくなりそうですけどね。

ちなみにお友達のコモタさんの傷痕は3本線です。

コモタさんのブログのこの記事から

www.komokomota.com

コモタさんすいません、勝手にリンク貼りました。

 

流れ的に抜鈎(ホッチキス)のお話を。

 

僕の場合結構遅くて術後14日してから退院寸前のタイミングでの抜鈎になりました。

 

これがまた・・・

 

絶対処置の先生何回かミス(空振り)ったでしょ・・・

ってくらい何回かチクッってのが痛かったです・・・

 

でもまぁその程度ですよww

 

まぁその際の看護師さんが例の超絶可愛い看護師さんだったので和らぎましたけどねww

 

って事で今回は院長回診と抜鈎について書かせていただきました。

では皆様、最後までお読みいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

 

皆さんの1日1クリックでだいぶ腰が回復してきました。

これからも↓バナーのクリックお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ
にほんブログ村