鎧コルセットマン!のブログ

令和元年、5月に41歳で腰椎固定手術をし、鎧コルセットマンになった男の日記である。

椎間板ヘルニア・狭窄症腰椎固定術手術体験記:当日~長い夜の恐怖

こんにちは。

鎧コルセットマンです!

 

前回⇩の続き

www.yorocor.com

オペ当日

 

手術が終わって退院した今となっては明るく書けるのですが当日はもちろん、不安しかありませんでした。

 

一昔前までの脊椎手術

 

ひと昔前までは脊椎の手術といえば

 

笑って喜べるか

またまた一生寝たきり、車椅子か??

 è»æ¤å­ è»ãã ç· å¬å å±å¤ æ¨ã æ¨ èç è è ããã³ æ¼ æ¼é ã¿ã¤ã¤ è»è¼ª åæ ä¸å° é»ç· é ä»è­· ä¸èªç± å»ç åºã ã®ã©ã 空æ°

というお話をよく聞いていたからです、、、

 

そういう時にこもたさんのブログ

に出会い、大きな勇気をもらえたのです。

 

僕の手術日の前日にこもたさんが手術され、こもたさんの術後のブログの更新を楽しみにしながら僕も

 

いざ手術室へ 

 

超絶可愛い看護師さん💕に付き添われながら手術室へ向かいましたww

 

手術室への廊下をストレッチャーに寝た状態で移動したのですが、

この廊下がなぜか100mくらいに感じました。

 

まぁ、ある訳ないのでおそらく病室を出る数分前に点滴に追加した薬💊の効果だと思います。

 

で、手術室へ到着!

 

トップ3 共同オペ

 

今回のオペは

主治医であるO医科大学のU先生、その師匠、そして院長であるO先生

とK病院の整形外科のトップ3がチームを組んでのオペの為、研修医やO医科大学の医局員もたくさん見学?に来られていました。

 

しかし、私の好きなドラマドクターXのように手術室の観覧室?からではなく、僕の記憶がある間は手術室の中に居たような気がしますww

 

そして男性の麻酔科の先生が僕の名前を確認した後、何やら世間話をしていたかと思えば、、、

 

『薬入りますよ💊ー』との声の後何やら

 

辛い空気が入ってきて、、、

 

なんか違うやん・・麻酔科の先生はやっぱり内田有紀だろーー!!

 

と心で叫んでいたら、、、  

 

はい、堕ちましたww

 

どうせならドクターXみたいに麻酔科医が

 

『バイタル。血圧◯◯の◯◯、心拍数◯◯でサイナス。』

 

って台詞まで起きていたかったー!!くそ~残念過ぎるぞ~・・・

 

そこから僕の意識の無い中、3時間といわれていた結局オペは4時間!!

 

思ってのと違う・・・

 

僕の描いていた「術後のお目覚め」はドラマみたいに術後はすやすや寝ているとところに、

いい香水の香りと一緒に超絶可愛い看護師が来て耳元で優しく

 

『ヨロコルさん終わりましたよ♡』

 

と起こしてもらって痛みもなくなってると思っていたのですが、、、

 

現実は男性のず太い声で・・・

 

「ヨロコルさん、分かりますかぁ?」との声で目を覚ましました・・・

 

やっぱなんか思ってのと違う~・・・

 

そこで咄嗟に僕の口から出た言葉が・・・

 

「看護師さんイケメンやなぁ・・・・」でしたww

 

妻に「あんた男にも興味あったんかい!!」突っ込まれてしまいましたがもちろんそっちの気はありませんww

å£ãã¦ãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼æ£äººéï¼

 

 

 

天の声と甘え

 

まだまだはっきりしない意識の中、しばらくすると両親の声が天の声のように聞こえてきたのですがなぜか両親の声を聴くと同時に遂に

 

強烈な痛み!!!が・・・

 

それでもやたらと笑顔で話しかけてくる両親に

 

「うん、うん・・分かった・・・分かったから・・とりあず・・

帰ってくれ!!」

 

暴言を吐いてしまいました。

 

せっかく心配してきてくれていたのに我ながら悪いことをしたと退院後すぐに謝りました。

 

しかしその後、妻が

 

「じゃあ私もそろそろ・・帰ろうかな。」と言った時は

 

「あかん、お前は帰らんとってくれ~!!!」

 

と嘆願し、これまた看護師さんの爆笑を誘ってしまっていたそうです。

 

それから痛みがあるながらも眠ったり、起きたりを繰り返し・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知らないうちに妻は帰ってしまっていました。

 

妻曰く、その眠ったり痛みで起きたりを繰り返している時とにかく僕が叫ぶようにデカい声で

 

「痛い・・痛すぎる!!」

 

と連呼していたようで同室の方にめっちゃ迷惑だったそうです。

 

妻は私はいたら甘えてずっとうるさいであろうと帰宅したそうです・・・

 

同室の皆さん、もしこのブログを読んでしたら

 

本当に大変申し訳ありませんでしたーーー!!!

 

同室の方々も同世代が多く中にはヘルニアの患者さんもおられましたので本当に読んでくださっているかもしせません・・・

 

妻が帰ってからは・・妻の読み通り僕が叫びをあげることもなく・・

(我慢できるんやってらしろよ・・・俺。)

 

ナースコールを握りしめながら、いつこのナースコールを押そうかと考えながらも

 

「あのイケメンに弱みを見せるのは嫌だ・・・」

 

という意味の分からんプライドが邪魔をして必死に堪えていました。

 

皆さんはそんな馬鹿な考えしないでどんどんナースコールを押してくださいね、看護師さんは術後患者さんがいたら「覚悟」してくれているらしいので。

 

術後3時間後の天使

 

術後3時間が経った頃、あの・超絶可愛い看護婦さんが酸素マスクを外してくれて術後初めての水分を飲ませてくれました。

 

 

ぬるーいただのお水だったんだと思いますが十時間ほど振りに飲む水は日本国中のどんな名水よりも美味しかったです。

 

本当は口移しで飲ませて欲しかったですがww

 

…置き去りにされた夜食・・

 

その1時間後・・夜中に食事をイケメンの看護師さんが持ってきてくれましたがその内容が・・・

 

食パン2枚、牧場の朝ヨーグルト、オレンジジュース

 

しかも置いてさっていくイケメン・・・

 

いやな、あんたに食べさせてもらうのも嫌やけどさ、術後4時間の患者の前に普通置いて去っていくかい?

 

僕は叫びました!! 超絶可愛い看護師さんカムバッーーーーク!!!!

 

と心の中で・・・ww

 

しかし、置いて去られたものはしょうがない・・

 

しかたなくまだ動けない身体で手を伸ばしなんとかヨーグルトだけをつかみ取るのにかかった時間約3分

 

一口口に運んだ感想は・・・ 

 

「あかん、これ美味しいヤツやん!旨すぎ!!」

 

その味が忘れられず、結局入院中毎日、プレーン、イチゴ、ブルーベリーと各種の「牧場の朝ヨーグルト」を妻に買ってきてもらいました.。

 

まぁ、その環境だったからヤバいくらい美味しかっただけで・・・

 

だんだん普通の味に感じてきた事は書くまでもありませんがww

 

ヨロコル基本ジュース飲めません。

 

本当は喉が渇いていてオレンジジュースも飲みたかったんですが僕、実は俗にいう

 

ジュースが飲めないんです。

 

飲もうものなら確実に下痢地獄が待っています・・・

 ããã³ãã³ãã¤ã³ãã®åçï¼»ã¢ãã«ï¼OZPAï¼½

調べたことありませんが40年も生きていると今までの経験で飲めるモノと駄目なものってのを理解しています。

 

誰得?情報ですがまとめてみます。

✖ ダメなモノ 
バイヤリースなどのオレンジジュース
100%果汁のジュース
ファンタ各種
普通のコカ・コーラ
普通のペプシコーラ
缶のカフェオレ
レッドブル
モンスターエナジー(レギュラー)

 

 〇 大丈夫なモノ
ミネラル水
味のある「いろはす」
コカ・コーラゼロ
コカ・コーラプラス
ショート缶のコーヒ
カロリーゼロのレッドブル
モンスターエナジーのゼロ、
アルコール

なんとなく分かるようで分からないでしょww

 

ちなみにお酒はなんでもOKなんですww

 

オレンジ味であろうとどんな味でもww

 

友人にはアルコール消毒されたジュースはOK!

 

と言っていますww

そんなに飲む訳ではありませんけどね。

 

っと誰得情報はこの辺にしておいて・・・

 

地獄のはじまり

そのヨーグルトの乳酸菌のおかげ?か食後すぐに大便をもよおしまして・・・

 

おならが・・・出そうででも出したら「実が出そうで・・・」

 

と思っていたら点滴の痛み止めが切れたのかまたまた我慢できない痛みが襲ってきて今度はたまらず

 

ナースコールをぽちっと。

 

「どうされました~??」

 

とイケメン看護師さんが飛んできてくれましたので

 

「痛み止めを・・・・」

 

と伝えると点滴に痛み止めを追加してくれましてそれからすぐに眠りにつきました。

 

が!!

 

わずか1時間後すぐに目覚めるほどの痛みが!

 

1時間前に痛み止めを入れてもらっているので、痛み止めはもうお願いできないだろう思いそこからはベッドの手すり?をぎゅっと握りしめながら・・・

 

時計を見る事もしんどくなり、ひたすらカーテンの外が明るくなるのを待っていました。

 

カーテンの外に明るさが見えた時・・・思わず・・

 

「日本の夜明けぜよ!」と叫びそうになりました。

åæ¬é¾é¦¬ã®åè¨éï¼æåãªãæ¥æ¬ã®å¤æããããã ããããªãï¼引用:https://pinky-media.jp/I0005888

 

こんな記事書いたら今から手術を控えてる方は怖くなるかもしれませんが

 

安心してください、大丈夫!!

この日より苦しい日はありませんから。

 

 

読者登録お願いします。

ブログランキング参加中⇩

にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ
にほんブログ村