鎧コルセットマン!のブログ

令和元年、5月に41歳で腰椎固定手術をし、鎧コルセットマンになった男の日記である。

脊柱管狭窄症での排尿障害。

はい、こんにちは。

鎧コルセットマンです!

 

今回から何記事か連載で僕が鎧コルセットマンになってしまった誕生秘話?を書きたいと思います。

 

仕事上、腰痛とは仲良く付き合ってきたつもりでしたがさすがに限界をむかえたのか、

 

平成29年3月くらいから

 

左足の痺れ

左足前脛筋の張り

 

が酷くなり、

その月の月末には膀胱炎のような頻尿、残尿感などの

 

排尿障害!!!

f:id:shigechikun:20190616101239p:image

 

まさか自分が41歳で頻尿などの症状がでるなんて・・・

 

前立腺がんも真剣に疑いましたが・・・ちと症状が違う・・・

 

その症状というのが本当に酷くて、酷くて・・・

 

どんなにおしっこに行きたくなって、トイレに行っても出ないし、

 

残尿感は半端ないし、

 

その割に失禁する時もあったり、

 

恥ずかしながらおねしょする事もありました。

 

そこで近所の内科に行き、膀胱炎を疑い、

 

尿検査を受けたのですが結果は異常無し。

 

菌は発見されず陰性・・・・

 

そうなると医師も出せる薬もなく。

 

しかし何もしないで症状が治まる訳ないので

 

漢方の頻尿の薬を飲んでいました。

 

 

この薬、効用の欄にたしか『腰痛』や『下肢のしびれ』とあったと思います。

 

薬の効果があったのかなかったのかは定かではありませんが飛行機に乗っても✈️トイレにこもりっきりだった症状はだんだん良くなっていきました。

 

しかし、この症状の本当の原因を後に知る事になるのですが・・・・

 

下肢の症状は回復どころかだんだん悪化するばかりで、

 

とうとう近所のS総合病院の整形外科で検査をする事になったのでした。

 

 

↑ 読者登録お願いします!!

皆様の一日1クリックで腰が回復します。

ブログランキング参加中↓応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ
にほんブログ村